ウォーターサーバーで提供される水の種類とは

###Site Name###

いつでも新鮮で、美味しい水を飲むことができるのがウォーターサーバーの魅力です。

ウォーターサーバーで提供されている水には、実はいくつかの種類があります。

その種類によって様々な特徴、他との違いがあるので、それを抑えておくことは大切です。ではどのような種類があるのかを順に見ていくと、まずは天然水です。



これは特定の水源から採水された地下水を原料としている水のことです。

地下で滞留している間に地層に含まれているミネラルが溶けだし、水の中にも溶け込んでいることから、ミネラルが豊富な水として人気を集めています。化学処理は行われていませんが、濾過、沈殿、加熱処理は行われているので、安心して大自然からの恵みを飲むことができる種類です。
ウォーターサーバーで提供される水の中でも、特に高い人気を誇っています。
それからRO水です。
これはRO膜と呼ばれるミクロレベルのフィルターを通して濾過された水です。よって通常のフィルターを通しただけでは除去できないような不純物も取り除かれているので、限りなく純粋に近い水とも呼ばれています。

ですから水に一切の不純物は含まれていて欲しくないと言う方には、特に適している水です。



ただし体にとって良いミネラル分も濾過されてしまっているので、その点は留意しておく必要があります。

最後はRO水にミネラルをプラスした水です。


先にも述べたように、RO水は純粋に近い分、ミネラル分も濾過してしまうと言うデメリットを抱えています。そのデメリットを解消するために、人工的にミネラルを加えたのがこの種類です。



ですからより体に対して良いものを求める場合には、この水がおすすめされます。

ただしミネラル分の種類によっては、ペットにそれが含まれた水を与えると、健康に対して支障が出てくることもあるので注意が必要です。